規格住宅モニター様募集

MENU

BLOGブログ

日々のこと

2020.09.13理想と現実

物価

物の価格。

じゃ、価格表示されてない物とかってどうやって金額決めてるのでしょうか?

って事で


物価版(建築)本屋さんに売ってます。

これは主に公共工事の価格を決めたり、入札したりするときに「参考に」します。

ただ、基準が無いと決めにくいのは確かな訳でこれを基に金額追っていって価格を決めます。

中はこんな感じ


施工するに当たっての、地域ごとの標準値。


物の価格の標準値なんかが載ってます。

地域ごとの価格が違うのは、人件費や輸送費(ガソリン代)などの違いが有るからです。

年四回は価格の調整が入るので新しい物が出ます。

でも・・・こんなお値段しないよね?ってのが現実。

あくまで公共工事においての指針なのです。

コンビニとスーパーじゃ同じものでも値段が違うってのと同じ理屈で公共と民間だと価格の差が開きます。

お買い物してもらうのは、仕入れ価格同じならコンビニ価格で買ってもらった方が儲けは大きいでも、そんな強気の価格設定してたら近所のスーパーに負けちゃう訳で結局お客様が居ないから全体の売り上げは落ちるし。

でも基準(理想)がないと実際の価格(現実)が見えない訳で。

理想を追うのも大変です。

 

鋸屋

 

長野市・須坂市・中野市・千曲市近郊
家づくり・注文住宅(新築・リフォーム)をお考えなら共和ハウジング株式会社へ
〒381-0024 長野県長野市南長池587-1
TEL:026-214-5673 FAX:026-214-5674
この記事が気に入ったら
いいね!お待ちしております

この記事のあとによく読まれている記事