規格住宅モニター様募集

MENU

BLOGブログ

工事レポート

2020.11.06御納戸茶という色

先日こちらでもお伝えした、足場が外れたオーナー様のおうちの外壁の色です。

私も知らなかった、「御納戸茶」という色。

 

御納戸茶(おなんどちゃ)とは、灰みの暗い青色の「御納戸色」に、茶みを加えたような暗い青緑色のことです。

江戸時代の随筆集によれば、長年、納戸にしまっておいた藍海松茶の布が、変色してしまったがとても粋な色合いだったため、これを「御納戸茶」として売り出したところ、大流行したとされています。



検索したらこうありました。

 

とてもいい色です。

私はこの渋い色の感じが大好きです。

ご主人がこだわった塗り壁。

校倉という仕上げ方で、左官屋さんに仕上げていただきました。

サッシや板金はブラックで、とても締まった印象です。

かっこいいです!

 


こちらは南面から見たところ。

大きな窓が、リビングをとっても明るくしてくれます。

 

11/28から、オープンハウスを開催させていただきます。

内装は無垢の床があたたかい雰囲気。

クロスの貼り分けにもこだわりました。

 

まだ床の養生等があるので、中の写真はまだ撮れませんが、もうすぐお披露目です。

 

「御納戸茶色」とってもいい色。

大好きな色になりました。

 

 

井出

 

長野市・須坂市・中野市・千曲市近郊
家づくり・注文住宅(新築・リフォーム)をお考えなら共和ハウジング株式会社へ
〒381-0024 長野県長野市南長池587-1
TEL:026-214-5673 FAX:026-214-5674
この記事が気に入ったら
いいね!お待ちしております

この記事のあとによく読まれている記事