© 2020 Kyowa Housing All Rights Reserved.

  • facebook
  • instagram
トップ > ブログ > 井出 まゆみ

御開帳記念御朱印再度リベンジ

ああもうほんとにすみません3連続善光寺。

リベンジのリベンジ。

御開帳最終日のその日、現場からの移動時間に「結願大法要」の様子をニュースで見ました。

前立本尊の扉が閉められる様子を。

てことはもう、「御開帳」は終わり。

・・・でも行きましたよ・・・最終日の仕事終わりに。

もう扉は閉まっているけど・・・。

 

 

 

 

無事いただきました。

さすがに御朱印所の列も数人。

・・・だってもう終わってるし・・・。

 

でも、記念ですから!

 

 

 

 

高所恐怖症の私は今まで一度ものぼった事のなかった山門にも、今回初めてのぼってみました。

さすがに連日の善光寺さんだったので、ちょっと違った景色も見たいなと。

ほぼハシゴのような急な階段にかなりビビりながら・・・。

あれ、小さな子供さんやお年寄りは大変ですね・・・。

私も大変でしたけど・・・。

 

 

 

遠くまで見渡せて、とても良い景色でした(真下が見えなければ大丈夫)。

 

 

翌日には「前立本尊御還座式」が執り行われて、前立本尊は本堂から御宝庫にお還りになるそう。

まだこの時は、扉は閉じられたものの回向柱と前立本尊は繋がったままだったのかな?

回向柱に触れている方がたくさんいました。

 

 

こんなのも置いてありました。

 

 

 

こんな看板もありました。

 

 

2人家族なのに、なぜか3つ購入。

 

 

7年に一度の善光寺御開帳、終わってしまいました。

最後の最後でバタバタと、なんとか今回もお詣りできました。

ご利益があるといいなぁ。

 

近すぎて、そこにあるのが当たり前の善光寺さん。

7年に一度しか開催されない(今回はそれも延期だったし)御開帳には、全国からたくさんの人が訪れていた模様をニュースで何度も見ました。

コロナ禍で開催期間を延長していた今回でも、前回の9割ほどの参拝者だったそうです。

まだまだ続くコロナの影響。

感染者数もまた微増しているここ数日。

なんの心配もなく出かけられる日が早く来るといいですね。

 

井出

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしたって諦めがつかなかったわけです。

「回向柱ライトアップ」なんて看板を見たら、そっか夜行けばいいのかと。

 

分散参拝のためだそうです。

ありがたや。

ライトアップは21時まで。

御朱印所は20時まで。

混んでいて早めに受付終わらせてしまうと考えても、19時ごろ着けば大丈夫では???と。

 

てなわけで、御朱印帳をバッグに入れて、夕方本日2度目の善光寺さんへ。

 

 

はい仁王門。

 

 

 

同じ駐車場に停めて

同じルートを歩いて・・・

 

 

 

 

はい山門。

 

たまの休日に2度も善光寺さんに行く私は変わり者です(自負しております)。

 

 

回向柱も本堂も、キレイにライトアップされていました。

相変わらず混雑。

 

そしてまさかの

まさかの

 

御朱印所の受付はもう既に締め切っていました・・・。

想定外。

 

せっかく来たのだからと、御守買ってみたり(自分用ではないけど)。

 

 

写真を撮ってみたり。

 

「夜のお寺には行ってはいけません」というよっしーさんの教えがチラチラするので、お詣りはせず。

 

トボトボと来た道を帰りました。

あまりの暑さに、本日2度目のスタバで冷たいコーヒーを飲んで。

 

諦めがついたつもりで帰ったもののやっぱり諦めきれなかった私は再度リベンジするのですが、それはまたまた後日のネタで。

しかし夜になっても暑かった。

県外から来た方はきっと長野には涼しいイメージがあると思うので、ビックリだったのでは。

 

人生初の1日2回の善光寺さん。

7年に一度しかない御開帳の御朱印は、やっぱりどうしてもいただきたいものです。

諦めの悪い私です。

 

 

井出

 

 

 

 

 

 

 

 

長野に住んでいますから

もちろん参ります、善光寺御開帳。

暑くなる前に早めに行こう!

・・・なんて思っていたら、すっかり梅雨も明け、もうあと数日で御開帳も終わり。

慌てて行って参りました。

 

 

仁王門。

かき氷の文字と、ソフトクリームのイラストののぼりが夏だなーと。

 

 

仲見世通り。

午前10時ごろ・・・すでにかなりの暑さ。

前を歩くお兄さんたちはハーフパンツでした。

 

 

山門。

祝善光寺御開帳。

平日でも賑わっています。

ツアーのアテンドの方が

「これでも空いているんですよー」と旗を持ってお客さんを案内していました。

土日なんてもっと凄いんでしょうね。

 

 

暑いけどいいお天気で、青空がキレイです。

日焼け対策で日傘を持って行ったのですが、あまりの人の多さに使えませんでした。

本当に人が多かった。

 

本日の目的は、前回の御開帳の時に買って飾っていた「ミニ回向柱」をお返しして

新しいものを買って帰る事と

大回向柱に触れてご利益をいただく事と

7年に一度しかない御開帳限定の御朱印をいただく事。

 

 

大回向柱です。

 

幸い、長い行列は出来ておらず、すんなり触れる事が出来ました。

もちろん、大回向柱の手前には消毒液。

「立ち止まらずに」との事なので、いつもは自己紹介から始める私の長ったらしいお詣りも一瞬。

ほんの数秒でしたが、しっかり触れる事が出来ました。

 

で、ミニ回向柱を買おうと授与品所へ。

いろんなところにあったので、空いているところを選んで。

 

 

木目等ひとつひとつ違う回向柱から、しっかり選んで購入しました。

支払いは、みなさんクレジットカードやQRコード決済でしていました。

キャッシュレス時代なんだなぁと実感。

お寺さんでもsuicaとか・・・。

 

さて御朱印ですが・・・。

長蛇の列。

70分待ちと聞いて、諦めてしまいました。

炎天下、みなさん我慢強く並んでいました。

尊敬・・・。

御朱印帳、しっかり持って行ったんですけどね・・・次の予定まで時間もあまりないし、仕方ないなと。

前回の御開帳の時はこんな事なかったのに・・・御朱印所、とにかくすごい人の数でした。

 

 

御朱印は諦めたし、さぁ帰ろうかなという頃には大回向柱も長蛇の列。

そのむこうには御朱印待ちの長蛇の列。

大変な賑わいでした。

 

帰り際、汗だくで涼を求めて寄ったのは

 

 

ずっと行ってみたかった、スタバ仲見世通り店。

オープンして2年、やっと行けました。

 

 

 

ゆったり2階の席でいただきました。

 

 

2階には小上がりもあって、掘りごたつがありました!

さすがにひとりでここに座る勇気はありませんでしたが・・・。

床暖房だそうなので、冬も快適そう。

 

 

 

眺めも良くて、雰囲気も良くて、ステキでした。

とにかく暑かったので、何より涼しくて快適!

 

本日の収穫は、ミニ回向柱と、御開帳ペヤングと、念願のスタバでの時間。

 

しかしどうしても御朱印を諦めきれず、再度チャレンジする事になるのですが、それはまた後日のネタに・・・。

御開帳ペヤングもその時に載せよっと。

 

 

井出

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アウトドアが好きです。

子供が小さい頃は、よくキャンプに行きました。

特に氷見の海沿いのとてもマイナーなキャンプ場(今はもうないかも?)がお気に入りで、良く行ったものです。

 

1度だけ、そのキャンプ場で夜光虫を見て感激しました。

確か今ぐらいの季節だったような気がします。

それ以降は1度も見られませんでしたが。

物理的な刺激で光るのだそうで、波が光っていました。

 

日本海よりも太平洋の方が見られる確率は高いそうなので、氷見で見られたのはラッキーだったのでしょうか・・・?

 

そんな事を思い出してTwitterで検索してみたら

氷見の海で夜光虫を見た方のツイートがたくさん。

「キレイだけど臭い」といろんな方がツイートしていました。

そうですよね、臭いはず。

臭かったはず。

赤潮ですから。

でもまったく、その記憶はありません。

・・・記憶って美化されちゃうんですね。

 

また見たいなぁと思いつつ

でも臭いのはイヤかな・・・。

そして何より年齢を重ねて、フットワークが重くなった事を痛感。

 

 

井出

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春。

春といえば。

春のいただきものといえば。

 

たけのこ!

 

鋸屋母さんに教えてもらった、生米でのアク抜きをしてみました。

 

あ、ブレブレ。

娘が撮った写真です。

「どこまで剥けばいいの?」の文章付きで送られて来ました。

 

「どこまで食べれるの?」の文章付き。

 

生米と一緒に茹でております。

 

生米と茹でたら、タケノコは取り出して

いい感じのお粥が出来上がっていて、無駄無く、糠で排水口を詰まらせることもなく

美味しく美味しくいただけました。

 

ふんわりタケノコ風味な気がするお粥、美味しかったです。

穂先の柔らかいところを乗せていただきました。

 

 

そして翌日はもちろん

タケノコごはん

タケノコ汁。

・・・これ最後の方のなので具が少ないですね・・・。

 

 

タケノコご飯を食べながら

「長野に住んでてしあわせだねー」と娘と話しました。

子供の頃は嫌いだと言っていたタケノコ汁も、大人になった彼女は美味しく感じるようになったのだそう。

 

旬の物は美味しいです。

旬を感じられる環境がありがたいです。

今年はいろは堂のウドのおやきを食べ損ねた事が心残りではありますが

しっかり春を感じるいただきもの、ありがたい限りです。

 

 

井出

 

 

 

 

 

 

先日のいただきもの。

 

私が好きで飲んでるのなんだよ、飲んでみてといただきました。

お届けものに行って、いただいて帰って来てしまった。

 

しっかり冷やしておいて

後日、娘と乾杯!

いちばん手前の生ハムにだけピントが合ってしまった。

これは鋸屋からのいただきもの。

井出さん絶対好きよと。

確かに大好き。

美味しかった!

アテでも、これ熱々の白飯に乗せても絶対美味しい。

 

右のオリーブも、いただきもの。

京都のお土産。

柚子の風味でとっても美味しかった!

パッケージ写真は撮り忘れ・・・お取り寄せしたいぐらい好みの味でした。

 

せっかくのワインだからと、お肉屋さんでお肉を買って来て焼いて、何の日でもないのに贅沢なディナー。

いただきものばかりのディナー。

ありがたいです。

 

 

井出

 

 

トイレのリフォーム工事が今日で完了。

 

クロスを選ぶのって本当に楽しいです!

 

天井と壁の1面には

このクロス。

 

2面の壁には

このグリーン。

 

アクセントクロスは

この柄のクロス。

ウィリアム・モリスの「ブラックソーン」という柄です。

咲き乱れる色とりどりの小花の柄。

最近、TVを見ていたらこの柄が映っていました。

ダスキンさんのCMです。

このクロス、私もとっても好きで、CMでも使われていてなんだか嬉しくなってしまいました。

自分が作ったわけでもなんでもないのに笑

 

このクロスは、他のものに比べて金額は上がってしまいますが

アクセントで1面だけ使うことに。

なかなかクロスを貼り替える事はないので

せっかく貼り替えるなら、お気に入りのものに。

 

 

床は

シックな木目調。

 

 

いよいよアクセント、貼っていきます。

 

しっかりゴロゴロして貼ります。

 

窓枠まわりもカットして

 

 

便器も手洗器もアクセサリー類もすべて付けて、完成!

 

 

とっても可愛くなりました!

 

お気に入りのおうちだと、気分も上がります。

 

 

トイレや洗面所、キッチン廻り等、リフォームの際は

クロスも貼り替えると、雰囲気も変わってオススメです。

 

 

 

私の自宅のリビングも、黄色のアクセントクロスにしたいなーと企んでいます。

こんな黄色。

ビタミンカラーで、元気が出そうです。

 

 

井出

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春です。

ホタルイカです。

毎年ホタルイカすくいを楽しみにしている大工さんから大漁の連絡が!

獲れたてのホタルイカをたくさんいただきました。

 

 

ホタルイカ大好きです。

ホタルイカをいただくと、あー春だなぁ、もうすぐ夏だなと季節を感じます。

 

ホタルイカ、私も以前はよく獲りに行きました。

 

 

とっても幻想的でキレイなんです。

これぐらいの時期は、普通に夜釣りをしていても時々ホタルイカが光っているのが見られて

キレイで見入ってしまいます。

今はなかなか行かれなくなってしまいましたが。

 

 

さていただいたホタルイカは良く洗って

塩を入れたお湯でそーっとボイルして

 

 

目玉を取って(これが地味に大変)

 

今日は玄米パスタで(ダイエッターらしく)

ペペロンチーノにしようかと。

 

 

春らしく菜の花を入れたかったのですが無かったので

緑はブロッコリーで。

 

 

ホタルイカモリモリのペペロンチーノにしていただきました!

途中でめんどくさくなって、ところどころ目玉が残っているのはスルーで。

 

パスタよりホタルイカの方が多いんじゃないかと・・・。

なんて贅沢❤

 

美味しくて、ハイボールが大変進みました。

 

山菜をいただいたり

ホタルイカをいただいたり

お野菜をいただいたり

リンゴをいただいたり

長野に住んでいて良かったなーありがたいなーと思います。

(ホタルイカは富山だけど)

 

大工さん、ごちそうさまでした!!

 

 

井出

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色。

 

たくさんの色があります。

 

おうちを建てる時には、いろんなものの色や柄等

選んでいただく楽しみが。

 

外壁

屋根

ドア

壁紙

本当にたくさん。

 

今日はそんな中から、外壁について。

 

 

 

これは、あるメーカーさんの塗材の色見本の一部です。

 

以前にこちらのブログでも書かせていただきましたが

 

 

こちらのおうちは

「御納戸茶(おなんどちゃ)」色。

この外壁は、左官屋さんに「校倉」というパターンで仕上げていただきました。

 

「御納戸茶」

御納戸茶(おなんどちゃ)とは、灰みの暗い青色の「御納戸色」に、茶みを加えたような暗い青緑色のことです。

江戸時代の随筆集によれば、長年、納戸にしまっておいた藍海松茶の布が変色してしまったがとても粋な色合いだったため、これを「御納戸茶」として売りだしたところ、大流行したと記されています。

江戸時代に四十八茶として流行した茶系の色は、「番茶」「ひき茶」「煎茶」の色に由来する赤茶、黄茶、青茶の三系統に分かれますが、御納戸茶は煎茶の変相色にあたります。

 

 

 

そして

 

 

こちらのおうちの外壁は「海松(みる)色」。

こちらも同じく左官屋さんの仕上げですが、フラットな仕上げです。

 

 

こちらも同じ「海松色」。

仕上げ方も同じフラットですが、夕景だとまた違った雰囲気です。

 

 

「海松色」

海松色(みるいろ)とは、海藻の 海松 みる の色を表した茶みを帯びた深い黄緑色のことです。

「海松」の名は万葉の頃より見られますが、服色名として定着するのは平安以後から。

重 (かさね)の色目としては「表地・萌黄、裏地・縹」を配して海中の岩に生える海藻、海松の色を表現しています。

 

 

こちら

 

 

 

夕景もまた良いです。

 

「支子(くちなし)」色の、校倉仕上げです。

 

「支子色」

支子色(くちなしいろ)とは、クチナシの実で染めた、少し赤みのある黄色のことです。

別に『梔子色』とも表記し、色合いの赤みの濃淡にはやや幅があります。

クチナシは奈良時代より『 黄丹 (おうに) 』の下染めに使われていましたが、「支子」の色名はありませんでした。

 

 

選ぶ色、パターンで、おうちの印象がガラリと変わる外壁。

 

私は特に、このような和の伝統色が好きです。

 

何より色の名前に風情がありますよね。

「御納戸茶(おなんどちゃ)」

「海松色(みるいろ)」

「支子(くちなし)」

ほかにも

「猫柳色(ねこやなぎいろ)」 

「鳶茶(とびちゃ)」

「茄子紺(なすこん)」

「青鈍(あおにび)」 などなど・・・。

見ているだけでワクワクします!

 

たくさんの色見本の中から、この和の伝統色を選ぶオーナー様も多いです。

 

日本の住宅も、昔のような「和」の住宅とは変わって来ましたが

やはりこういう色味がみなさんお好きなのかなと

こういう日本の良いものを残していけるといいなと

良いものはどんどん取り入れながら

でも日本の伝統も大切にしていきたいなと思う

井出でございました。

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

この1年で、体脂肪率が10%上がりました、井出です。

 

 

 

体組成計で送られてくるレポート

「やや痩せ」だった1年前。

 

 

 

先週のレポートでは

「隠れ肥満」。

 

もはや隠れでもなく立派な肥満なんですが。

 

てことで、フワッとダイエットを始めました。

フワッとゆるっと、やってるんだかなんだかぐらいのレベルなので

そりゃなかなか効果も出ませんが。

 

自分のスイッチが入るタイミングがもうわかりません。

 

 

 

井出

 

 

 

 

 

去年の今日。

何してたっけとカメラロールを見ていたら

 

 

事務所で食べていたお昼ご飯だと思われる写真。

鋸屋に貰ったのか、自分で買ったのか覚えていませんが

 

 

グルテンフリー

90kcal

去年の私はちゃんとしてたなぁと・・・。

 

 

昨日の晩ごはんは

ラーメン屋さんで

和え玉でハイボール1杯

焼き餃子でもう1杯

つけ麺でまたもう1杯

グルテン摂取しまくっております。

 

なかなかダイエットのスイッチが入らない

井出でした。

 

 

 

 

 

 

外壁の塗装工事の真っ最中です。

 

足場を組んで

しっかり養生をして

まず洗浄をして

今は塗っているところ。

 

 

イエロー→グリーンに塗り替えです。

これはちょうど塗ってあるところとないところの境目。

 

 

郵便受けもしっかり養生。

 

お天気まわりも見ながらですが

あと1週間~10日ぐらいで完了予定です。

 

仕上がりが楽しみです。

 

本日は現場から

井出でした。

 

 

 

  • trettio-valo
  • 平屋
モデルハウス

MODEL HOUSE

  • 売却型
    モデルハウス
  • 随時見学可能
    (要予約)

売却型モデルハウスが安曇野市豊科にオープンしました!TRETTIO GRADは、北欧のシンプルなデザインと暮らし方をベースにした「子育てしやすい家」「自分らしく暮らせる家」というコンセプトはそのままに、自然に寄り添い、時の流れに美しさをプラスする「和」のテイストを融合させた新しい住宅です。

READ MORE

BRAND

storie

共和ハウジングの注文住宅。
見た目も性能も住みやすさもとことんこだわった住宅を。

お問い合わせは
お気軽にどうぞ

tel.026-214-5673

営業時間:9:00~18:00 
定休日:なし