© 2020 Kyowa Housing All Rights Reserved.

  • facebook
  • instagram
トップ > ブログ > 木村 加奈絵

2022年

あけましておめでとうございます。

2022年始まりました!!

 

 

毎年、年越し前は実感がない・・と言いながらも、年越し後は新年の切り替えがうまくできていた気がしますが、

今年は年を明けてからもあまり実感がありません(;^_^

徐々に気持ちと感覚が追いついていくはず・・・

 

 

そんなこと言いながら、お正月休みには初詣に行って、恒例になっているすや亀さんの甘酒とおにぎりはちゃっかり食べてます。

 

 

 

 

 

 

そして、新年の社内行事のひとつの書き初め

昨年は「挑」

 

いろんなことに挑戦したいと思いつつ、感染症の影響もあり、なかなか日常が取り戻せない中での

挑むという字は少し無理があるようにも思えましたが、支障がない範囲での挑戦はできたのかなという感じでした。

 

 

それも踏まえて今年は「楽しむ」に。

 

 

まだまだ、外に出ての行動には制限もありますが、

目の前のことを楽しめるよう意識や工夫を持って過ごしていきたいと思います。

 

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

木村

 

 

こんにちは。

 

今年も残り1週間を切りました。

 

 

 

 

私のブログは年内最後。

 

ということで、久しぶりに不動産ブログを書こうと思います。

 

 

 

本日は、【停止条件付き売買契約】について。

 

 

停止条件付き売買契約とは、将来一定の事実が起こった場合に契約の効力が発生する特約付きの売買契約。

 

その事実が起こるまでは契約に効力はなく、条件が成就しなかった場合は、契約が無効になります。

 

 

 

 

 

 

例えば・・

 

 

 

「〇〇の申請が許可になることを停止条件とする。」 という契約であれば、

 

 

 

→契約締結後でも〇〇の申請中は契約の効力はない

 

 

 

〇〇の申請の許可がおりた→契約が有効なものとなる

 

 

 

〇〇の許可がおりなかった→契約は無効となる

 

 

ということです。

 

 

実際に不動産売買の契約でも停止条件付きの契約をすることがあります。

 

 

 

停止条件とは対になる解除条件もあります。

 

 

解除条件については次回。

 

 

 

11月上旬の写真です。物件近くの公園で。

この写真と比べるといっきに冬感増してる気がします。

 

 

 

年末にかけて雪も続くようですので、

体調管理やケガ等にはお気をつけください。

 

 

 

 

 

それではよいお年をお迎えください。

 

 

 

 

以上、木村でした。

 

 

こんにちは。

 

12月もちょうど真ん中。

 

 

寒い日が増え、鍋やスープを作ることが多くなってきました。

 

 

 

長野の冬はまだこれからが本番。

 

 

 

…ということで、寒さ対策について書いていこうと思います。

 

 

 

 

①カイロで効率的に温める

 

 

使い捨てカイロは気軽に購入でき、屋外でも屋内でも使える万能なものですが、

どうせ使うなら効率的に・・・

ということで、貼るカイロは、

 

 

★お腹

★首の後ろ側

★肩甲骨の間(縦に2枚でも〇)

★内くるぶしの後ろ

 

↑の部分を温めることで効率よく体を温められるそうです♪

 

 

ちなみに、就寝中や肌に直接貼るのは低温やけどの原因になるので危険。

 

 

 

 

②インナーは汗を吸うものを

 

 

気づかないうちに汗をかき、インナーが汗を吸ってくれるものでないと体が冷えます。

なんでも良いから着るというよりも、どんなものを着るか。

 

 

 

③家電を活用

 

 

 

★エアコンの風は下向きに設定

暖かい空気は上に向かっていくので、下向きにすることで部屋全体を効率的に暖めてくれます。

 

 

 

 

★サーキュレーターやシーリングファンなどで空気の循環

サーキュレーターや扇風機であれば、下から上に向けることで、天井付近にたまっている暖かい空気を循環させることができます。

 

 

 

 

★加湿器は適度に

空気が乾燥すると寒く感じます。

ウイルスや乾燥対策にも適度な加湿を。

 

※過度な加湿や加湿器や暖房器具の置き場所によっては結露やカビの原因になるので注意。

 

 

 

 

 

以上、防寒対策のいろいろでした。

 

 

 

高気密高断熱のお家に住むことも対策の一つですね。

 

 

 

共和ハウジングの高気密高断熱住宅のお話やリフォームなど気になる方は

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

↑見るからに寒そうな日

昨年の木島平スキー場です。

 

 

 

木村

 

 

12月に入りました!!

 

 

 

あっという間に年越しです。

 

 

 

その前に断捨離や大掃除をして、すっきりした家ですっきりした気分で年越ししたい!!

 

 

 

 

 

ということで、ごっそり綺麗にできるよう下調べをしましたので

ブログにも一部書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

★窓掃除

 

 

 

まず外から掃除。その後室内側を。

 

外側の方が汚いと思いがちですが、外側とは違う汚れが内側に・・。

 

 

 

 

内側には油汚れやホコリが付着しやすいため重曹水が効果的。

(水200ml に重曹小さじ2杯 ※水に溶けにくいのでぬるま湯で溶かしたものを雑巾などに吹きかけてふき取る。)

 

 

 

→重曹水で拭き残しがあると白く粉が残ることがあるので、

白い粉残り防止と水垢や黒ずみ防止になる

クエン酸水(水200mlに対してクエン酸 小さじ1杯 ※水に溶けにくいのでぬるま湯で溶かしたものを雑巾などに吹きかけてふき取る。)

 

 

 

 

※アルミサッシに重曹が付着したままになると黒ずみや劣化の原因になるので、サッシ部分は水ぶきを。

 

 

 

 

 

★キッチン周り

 

 

セスキスプレー(水50mlに対してセスキ炭酸ソーダ小さじ2)軽く振ってから、

換気扇やキッチン周りの油汚れの拭き取りに。手垢がつきやすい場所にも。

 

 

 

生ごみに吹きかければにおい防止にもなります。

 

 

 

 

 

 

重曹・クエン酸・セスキ炭酸ソーダ 

お店でも横並びで販売されてることも多く、いろんな活用法があるので、すごく便利で重宝します。

 

 

 

自然にも優しいとはいえ気をつけることも。

↓↓↓

 

 

 

 

 

・それぞれの得意分野が違うので使い分けを上手にする

 

・相性が悪い素材があるので、素材を傷めないよう下調べをしてから使う

 

・水に溶かしたものは一定の期間内に使う

 

・肌が弱い人は手袋をしてから使用

 

 

 

 

せっかく綺麗にしようと思ったら逆効果・・なんて悲しいので、

自分や家に負担がかからないようにすることも大切ですね。

 

 

 

 

 

 

以上、(写真は関連性ないですが) 

お掃除ブログでした。

 

 

 

木村

 

 

 

 

こんにちは。

雪・・・・⛄ ですね。

 

天気予報で雪にはなっていても、

例年の感覚から、タイヤ交換はまだいいでしょう!なんて・・・

 

だめですね。

 

夕方前から降り始め、退勤前の今もどんどん降っています。

いつも12月上旬にはタイヤ交換していますが、

さすがに11月中に降るとは想定外でした。反省。

 

さすがに恐いのでタイヤ交換済みの社用車を借りて帰宅します。

 

 

何にしても準備って大切ですよね。

 

気を付けよう。

 

 

 

そして気づけばもうあと数日で12月。

2021年も早かった・・・

 

毎年恒例の不動産手帳(実務に役立つ情報が載っていたりで便利なのです)も買ったし、

気持ちよく年を越せるよう準備していこうと思います!

 

 

木村

 

 

 

 

 

さて、タイトルにもある通りここはどこでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とは言っても、長野の方ならすぐわかるような気がします。

 

 

 

 

 

正解は戸隠神社の奥社です。

 

 

少し前に久しぶりに行ってきました。

往復約1時間半かけて参拝してきました。

 

マスクをしていたこともあり、途中でかなりきつくなってきましたが、

大きい木に囲まれ、川が流れていて、自然に囲まれた道をずっと歩いているのは、

とても清々しく気分転換にもなりました♪

 

 

夕方に近かったのにあまり着込んでなかったのでかなり寒い中スタートでしたが、

戻ってくる頃にはちょっと暑いくらいでした。

 

 

しっかり新そばもいただき、パワーチャージしてきました!!

 

 

運動不足解消して体力つけて、奥社を軽々往復できるようになりたいです。

 

 

 

以上、スタッフ木村でした。

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

一気に寒くなりましたね。

 

 

 

先日、あまり見かけない(気がした)道路標識がありました。

 

時間終日。

おそらく終日と同じ意味で、わかりやすくしてるのかな?と思うのですが、

あまり見ない気がします。

 

 

道路標識、かなりしっかり確認していないと、見落としてしまうこともありますよね。

 

調査等で慣れない住宅街を走ることも多いので、

ナビに気を取られたりして、うっかり違反!…なんてことがないよう気をつけています。

 

 

住宅を購入されたり、土地から探してお家を建てる方は、

周辺の道路の状況も気になる方が多いと思います。

 

内見や土地の現地確認の際には道路標識もあわせてご確認いただけると安心です。

 

 

 

 

以上、スタッフ木村でした。

 

 

こんにちは。

11月になりました。

 

 

いつもは、紅葉に気付いてもうそんな季節か・・なんて思うのですが、

今年は、あれ?まだ紅葉になってないの?という感じで、

他のスタッフとも話しをしていました。

 

やっと一気に紅葉が見られるようになってきた気がします。

 

 

 

 

秋はすぐ終わって冬になっていくので、紅葉も今が旬ですね。

 

 

 

 

 

以上、スタッフ木村でした。

 

 

こんにちは。

 

先日、調査で佐久の下水道管理センターに行ってきました。

 

 

 

 

入口に入ると・・

 

 

 

これだけでなく・・・

 

 

鮮やかできれいなマンホール。

 

 

北斗の拳まで!!

 

凄いですね(^▽^)/

 

 

道ではまだ見つけられていませんが、

こういう取り組み面白いですよね。

 

 

 

 

 

木村

 

 

こんにちは。

 

10月31日はハロウィンですね。

 

もうそんな時期か・・と思ってしまいます。

 

 

 

先日、出掛けた先にあったかぼちゃ。

 

 

どちらも色合いが可愛いですね。

 

 

 

 

 

 

木村

 

 

こんにちは。

 

本日は不動産ブログ【不動産と消費税】について。

 

 

 

生活に大きく関わる消費税。

 

消費税が上がれば生活も苦しくなる・・とシビアになることも多い身近な税金ですが、

不動産に対しての消費税のお話を。

 

 

 

◇土地の譲渡及び貸付は非課税。(一時的に使用させる場合などを除く)

土地は元来消費されるものではなく、その譲渡は資本の移転の一種と考えられるため非課税。

 

 

 

◇新築住宅と中古住宅

建物に関しては課税されますが、中古建物の場合で売主が個人の場合は非課税となります。

(消費税がかかる条件が、事業者が事業としておこなうものという条件があるため)

※売主が個人の場合でも、投資用物件の場合は事業として見られ、消費税がかかる可能性があります。

 

 

 

◇土地付き建物を譲渡する場合の取り扱い

土地と建物を一括して譲渡する場合には、消費税の課税標準を算出するために、

土地(非課税)部分と建物(課税)部分の譲渡代金を区分する必要があります。

 

 

◇家賃

居住用の場合は(社会的政策配慮に基づき)非課税。

事業用や店舗は課税。

 

 

 

・・と、状況に応じて課税・非課税のものがあります。

 

身近な消費税ですが、意外と非課税のものもあったり、

いろんな要件によって定められています。

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、本日はここまで。

 

 

木村

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

 

日中はまだ暑いですが、日も短くなり、秋感が増してきてますね。

 

 

 

 

 

 

 

先日9月21日の中秋の名月。

 

 

 

 

8年ぶりに満月と同じ日ということで、写真も撮りましたがうまく撮れず・・

 

肉眼ではすごく明るく綺麗に見えました(^▽^)/

 

 

 

 

 

 

 

↓は彼岸花を📷

 

今年は全然見かけないな・・と思っていた彼岸花。

綺麗に咲いていました。

 

 

 

 

秋はすぐ終わってしまうので、

もうしばらくは秋の味覚も楽しみながら過ごしたいと思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

木村

 

 

モデルハウス

MODEL HOUSE

  • 売却型
    モデルハウス
  • 随時見学可能
    (要予約)

売却型モデルハウスが安曇野市豊科にオープンしました!TRETTIO GRADは、北欧のシンプルなデザインと暮らし方をベースにした「子育てしやすい家」「自分らしく暮らせる家」というコンセプトはそのままに、自然に寄り添い、時の流れに美しさをプラスする「和」のテイストを融合させた新しい住宅です。

READ MORE

BRAND

storie

共和ハウジングの注文住宅。
見た目も性能も住みやすさもとことんこだわった住宅を。

お問い合わせは
お気軽にどうぞ

tel.026-214-5673

営業時間:10:00〜18:00 
定休日:水曜日