事業紹介

新築事業

共和ハウジングがお勧めしている『SW(スーパーウォール)工法』

木造軸組工法をベースに高性能SW(スーパーウォール)パネルで囲いこむ高気密・高断熱・高耐震構造の工法です。
冷暖房や24時間計画換気システムを組み込み部屋ごとの不快な温度差、空気のよどみ等を解消し家の基本性能を大きく向上することができます。

建物全体をすっぽり包む、発泡ウレタン断熱材

SW工法で使う断熱材・発泡ポリウレタンは、一般的なグラスウールに比べて熱を伝えにくい優れた素材です。
この断熱材で建物全体を包み込むことで、魔法瓶のような保温性に優れた室内をつくります。

気密性能の高いSW工法住宅は、部屋の上下温度差が少ない

隙間の多い住宅ほど室内の空気の流出入が大きくなります。
冬場の室内で足元が特に冷たいのは、左記の図のように流入した冷たい空気が足元へたまり、部屋の上下で大きな温度差が生じるためです。

SW工法で実現する、快適な高気密・高断熱住宅

SW工法住宅の優れた保温性は左記の比較画像からも明らかです。
高気密・高断熱で外気に影響されにくく、天井部から足元まで均一な温度の快適空間を実現します。

一年中快適な温度を保つ、SW独自の気密・断熱構造

グラスウールの約2倍の断熱性能をもつ発泡ポリウレタンを充填したSWパネルを柱や梁に密着。
パネルの気密パッキン、断熱パッキン(特許)が気密性・断熱性を高めます。

通気層構造と発泡ウレタンが見えない結露を防ぎ、耐久性を高めます

湿気を掃きだす通気層構造です。SW工法なら室内外から侵入してくる湿気に対してダブルの防湿対策。水分を通しにくいポリウレタン断熱材が室内側からの水蒸気をガードし、さらに室外からの湿気も通気層から掃き出し、躯体の乾燥状態を保って耐久性を高めます。
SWパネル内の断熱材・発泡ポリウレタンは、左記の実験からも水を通しにくい素材であることが確認済み。 形が崩れず、高い断熱性能を長期にわたって保てます。

住環境では、24時間さまざまな音が飛び交っています

家の前にある道路を走るトラックの走行音、ご近所から聞こえてくるテレビの音やペットの鳴き声、また室内ではお子様のはしゃぎ声・・・。これらの音は生活で常に発生するため、一度気になり始めると過敏に反応してしまい、心身が休まらずストレスから体調を崩してしまうこともあります。80dBの不快な騒音も、50dB程度まで減衰できます。 SW工法で施工した住宅の室内は、クルマやご近所からの騒音など、日々の睡眠や大切な受験勉強などの妨げになる外部騒音もほぼ気にならない快適空間です。 また、お子様のピアノの練習や旦那様の音楽・映画鑑賞などで自らが大音量を出す場合にも、周囲をほぼ気にすることなく時間を過ごせる快適な室内環境を実現します。

地震・台風への強さ

バランスのよい構造が、災害に強い住まいをつくります。 木造軸組工法の場合、外力が柱や筋交いに集中して、建物がねじれやすくなります。 SW工法は木造軸組工法にSWパネルをプラスすることで、外力を建物全体に分散してバランスをとる、災害に強い家を実現。 SW工法で使用するSWパネルやサッシは、様々な試験で耐震性・耐風性をチェックしており、高い安全性が実証されています。

火災への強さ

SWパネルは、公的な防火試験に合格しています。 SWパネルは「防火構造」と「準耐火構造」の大臣認定を取得しており、その優れた安全性から、防火制限地域においても必要に応じて建築規制に対応できます。

通常の見える室内結露

寒い時期、主婦の手をわずらわせる窓などの嫌な結露。 その結露は放っておくと健康を脅かす事があり注意が必要です。 特に冬場の結露はカーテンを濡らし、窓周辺のお掃除も大変。 冬場の窓一面に発生する不快な結露、それは床やカーテンを濡らし、寒い冬に余計な仕事を増やす原因となります。 結露を放置したままにすると、カビやダニの増殖を促し、アレルギー発症の原因にもなります。 湿気を好むカビの発生や、さらにそれをエサとするダニの発生・増殖を増長させます。 これらが引き起こすアレルギーは、風邪の症状に似ており、原因を特定できないまま健康を損なう恐れもあります。